だるまっ子 第4号

令和元年7月発行

「野球帽のかたちに切り取る夏の空 」(小枝恵美子)

夏は少年にとって大きな脱皮の季節なのであろう。ひと夏を過ぎると、少年はまた 一つ変わっていくのだ。(続岳物語-椎名 誠ーより)

夏という季節は、周りのいろいろな動植物が大きく伸びるときでもあります。そして、子どもにとっては、心も体も大きく成長する時期です。上の文章は、中学1年生の国語の教科書にある「風呂場の散髪」という教材の冒頭です。中学校や高校では、部活動の集大成に向けてたくさんの子が練習を積み重ねてきたことでしょう。結果はどうあれ、必死になって努力をしたという事実は残ると思います。夏に向けてのその積み重ねが子どもを大きく成長させていきます。小学校においても、4月からいろいろな活動に挑戦してきた子どもたちが1学期の区切りを迎えます。まとめのこの時期に振り返りをして、今度は夏休みにまた違った体験をする中で、大きく成長していくことでしょう。

こんな先輩たちになりたいね。

最初の先輩は、今年も切り絵作家の水口千令さんです。今年も来ていただき、切り絵教室を実施しました。今までと少し変えて、事前に切り絵集会を設けて水口さんにじっくりと切り絵のイメージのことや影で映し出すことなどをお話ししてもらいました。そして、子どもたちはその後、1週間以上しっかりと自分のイメージを膨らませ当日に臨みました。昨年よりも、グレードアップした作品に挑戦して、どの子も驚くほどのできばえでした。今年の学校のテーマである「挑戦(チャレンジ)」を形にしていただるまっ子でした。完成した作品は、8月25日(日)と26日(月)に行われる修禅寺のキャンドルナイトで飾られます。きっとすばらしい幻想的な光景が浮かび上がると思います。お楽しみに。

今号の掲載内容

  • 安心・安全のために
  • お知らせ
  • 8・9月の行事予定

だるまっ子 第4号(PDF版)ダウンロード


だるまっ子 第3号

令和元年6月発行

「口見えて 世のはじまりの 燕の子」(加藤楸邨)

6月1日の運動会には、地域の方々や保護者の皆様などたくさんの方に来ていただき、晴天の下、子どもたちの元気な様子をご覧いただけたと思います。練習や準備、そして、何より子どもの健康管理に配慮していただきありがとうございました。今年は、東京オリンピック・パラリンピックに関連して、「オリパラ音頭」をみなさんで踊りました。
今までにないくらい大勢の方が輪に参加してくださり、盛り上がりました。また、子どもたちと大人の綱引きでは、さすが、大人という力強さを見せてもらいました。今度こそ勝ちたいなとたくさんの子が思ったことでしょう。

この運動会が無事終了できたのは、もちろん子どもたちががんばったからということもありますが、上の写真にあるように卒業生が手伝いに来てくれたことも大きいと思います。係席に待機して、準備や決勝の仕事をどんどんこなしてくれました。10人を超える卒業生が後輩のためにボランティアをしてくれるなんてすばらしいと思います。今の6年生が来年は手伝いに来てくれることでしょう。そうやって、よき伝統は受け継がれていくんですね。手伝いに来てくれた全ての中学生のみなさん、ありがとうございました。

だるまっ子 令和元年6月 第3号 PDF版ダウンロード


だるまっ子 第2号

令和元年5月発行

朝から元気です!!

1学期が始まって1ヶ月が経ちました。8人の1年生もすっかり学校生活に慣れて、朝から運動会の練習や長縄跳びの練習に楽しそうに取り組んでいます。他の学年も新しい担任、新しい教室、新しい学習に慣れて、笑顔でいろんなことに取り組んでいます。今年は家庭訪問を廃止して、相談週間に切り替えました。子どもたちを慌てて帰すことがなくなり、4月の出会いの時期をゆったりと過ごすことができました。そして、穏やかにゴールデンウィーク、新しい時代の切り替わりを迎えることができました。また、10連休明けの子どもたちも元気で、学校を待っていたかのようでした。楽しい連休を過ごせたようで安心しています。
さて、連休が明けてからは早速運動会の練習です。今年は、4月号でもお知らせしたとおり、「チャレンジ」と「関わり合い」を念頭に置いて、種目も少し変更しました。全校児童による「綱引き」を加えています。保護者や地域の方々に参加をお願いするかもしれません。


だるまっ子 令和元年5月 第2号 PDF版ダウンロード

だるまっ子 平成31年4月 第1号 PDF版ダウンロード